2014 / 7 / 7
「獣道を歩くのは誰だ?」と称してセンサーカメラを回収してカメラに 映った野生動物を見てみよう!

8月23日(土) ございしょ自然学校にて

「獣道を歩くのは誰だ?」と称してセンサーカメラを回収してカメラに

映った野生動物を見てみよう!というイベントを開催します。

御在所岳山頂付近は特別天然記念物のニホンカモシカとはじめ、皆さんもよく知っている

ウサギ、キツネ、タヌキ、シカなどたくさんの野生動物が生息しています。

彼らの生活をちょっと覗いてみたいと思いませんか?

もしかしたら思いもよらない野生動物が映っているかも!?

 

●イベント詳細はコチラ

「獣道を歩くのは誰だ?〜センサーカメラを回収して正体を見てみよう〜」

■日時:8月23日(土)13:30より(45分程度)

■場所:ございしょ自然学校

■参加費:無料(予約不要)

■ガイド:NPO法人三重県自然環境保全センター 橋本幸彦

※参加者全員でセンサーカメラを回収に行くので汚れても良い格好、履き慣れた靴でお越しください。

※ロープウエイを利用される方は別途ロープウエイ代が必要になります。

※悪天候、及びロープウエイが運休した場合は中止になることがございます。

※イベント時は宣伝広報(HPやFB等)用に写真を撮らせていただく場合がございます。