ございしょ自然学校

アカトンボはどこからきてどこにいくのだろう?

赤トンボとは

赤トンボという名前のトンボは、存在しないことをご存知ですか?
私たちが普段「赤トンボ」と呼んでいるトンボは、たいていの場合「アキアカネ」という
トンボを指します。赤トンボは「アキアカネ」以外に「ナツアカネ」などたくさん種類があり、
それらを総称して「赤トンボ」と言います。
さて、アキアカネと言えば秋をイメージする人が多いと思います。
しかしアキアカネは6月頃に田んぼで羽化し、7 月8月の約 2 ヶ月間を
標高の高い涼しい場所で過ごします。
そのため、ここ御在所岳においても夏になると何千、何万ものアキアカネが飛んでくるのです。
そして秋になると麓に下り、交尾・産卵を行います。
この時期に見かけることが多いので秋の虫のイメージがついたと思われます。

赤トンボ

アキアカネの特徴

①腹部のみが赤くなる(ナツアカネは胸部・腹部ともに赤くなる)
 ※羽化直後はどちらも赤くなく、次第に赤くなっていきますので色だけで判別するのは危険です。
②胸にある3本の黒い線が、アキアカネは先がとがった形をしており、ナツアカネは先が角ばっています。

オスとメスの見分け方

♂オスの特徴

腹の基部下側に突起があります。
8月には体全体が赤くなります。
メスより鮮やかな赤になります。

赤トンボのオスの特徴 図解

オスは腹の基部下側に
突起(交尾器)があります。

♀メスの特徴

腹の基部下側に突起がありません。
8月には腹部と胸部の一部が
赤くなります。
体はやや太めです。

赤トンボのメスの特徴 図解

雌は尾側に交尾器が
あります。

アキアカネ

アキアカネの特徴

腹部だけが赤く
黒い線がとがっている

ナツアカネ

ナツアカネの特徴

胸部も赤く
黒い線が角ばっている

アカトンボふる里さがし大作戦

アキアカネは、他の赤トンボと違い、羽化した後、山などの涼しい場所に行き、
秋になると平地に戻ります。その行動範囲を調べるために、1973年より研究者によって
調査が始まりました。現在では夏休み期間中、御在所岳に来た子供たちを中心にトンボを
はじめ、様々な生き物と親しんでもらうために、「アカトンボふる里さがし大作戦」という
イベントとして調査が続いています。

大作戦のやり方

  1. 御在所岳の山上公園で赤とんぼを捕まえる
  2. 赤ペンで羽に「G」マークを書く(御在所岳の頭文字のG)
  3. 雄か雌か見分けて記録用紙に記録する
  4. トンボを放す
  5. 秋になったら羽に「G」マークのあるアキアカネを見つける
  6. 見つけたら下のボタンからフォームに移り
    必要事項を記入し、送信してください。

夏休み期間中
毎日開催

詳しくは
イベント情報から

Gマークのついた赤トンボを見つけたら教えてください!

アカトンボふる里探し大作戦の様子

御在所岳からアキアカネが飛んで行く範囲

2008年御在所岳でマーキングされたアキアカネが約80km離れた福井県敦賀市で
捕獲・リリースされました。
他にも名古屋市や知多半島、岐阜県など近隣の市町村で発見されています。

アキアカネの移動範囲

これまでのマーキング数

マーキング数 目撃例・エピソードなど
1971年(昭和46)年 約3,000頭
1973年(昭和48)年 約1,000頭 1976年まで学生アルバイトの協力によるマーキング
1975年(昭和50)年 約1,000頭 最初の数年間はマニキュアで羽に印をつけていた
1976年(昭和51)年 約1,000頭 1977年から団体・一般予約制で観察会(土・日)とマーキング
1989年(平成元)年 4,144頭
1990年(平成2)年 9,201頭
1992年(平成4)年 2,740頭
1993年(平成5)年
〜1996(平成10)年
平均5,000頭 1996年8月尾高キャンプ場で目撃
1993年(平成5年)から予約なしで参加可能になる
1997(平成9)年 12,740頭 愛知県海部郡飛島村で目撃
1998(平成10)年 7,835頭 名古屋市天白川・海部郡八開村・知多郡美浜町で目撃
1999(平成11)年 4,900頭
2000(平成12)年  14,693頭
2001(平成13)年 22,275頭 9月 久居市万町で目撃
2002(平成14)年 21,513頭 8月 四日市市浮橋で捕獲、リリース
2003(平成15)年 20,854頭 9月 愛知県幡豆郡吉良町で目撃、10月 菰野町内2ヶ所で目撃
2004(平成16)年 39,076頭 8月 いなべ市藤原町で目撃、大安町で捕獲、リリース
9月 名古屋市天白区で目撃、鈴鹿市長沢町で捕獲、標本化
2005(平成17)年 53,529頭 9月 名古屋市昭和区で目撃
11月 菰野町内2ヶ所で目撃、亀山市で捕獲、標本化
2006(平成18)年 59,050頭
2007(平成19)年 42,160頭
2008(平成20)年 27,435頭 8月 福井県敦賀市で捕獲、リリース
2009(平成21)年 26,640頭 10月中旬 岐阜県各務ヶ原市の川付近で目撃
2010(平成22)年 22,100頭
2011(平成23)年 33,488頭
2012(平成24 )年 19,015頭 8月 岐阜県岐阜市の水田で目撃
2013(平成25)年  29,736頭 9月27日 松阪市嬉野天花寺町で目撃
2014(平成26)年 26,550頭
2015(平成27)年 41,872頭