三重県自然環境保全センターは、日本カモシカセンターの閉園に伴い、
それまでの取り組みと理念を継承すべく、平成19年2月19日に設立されました。
昭和35年に鈴鹿山系かもしか保存学術研究会として発足し、昭和48年には自然科学博物館として出発した
世界でも類を見ない博物館・動物園の活動を今後さらに発展させるため、活動に取り組みます。